2 0 1 7 年 一 問 一 答 で お 勉 強
【 問 題 】
【--TOPに戻る--】

平日の月水金のみ掲載予定
お勉強は「エンゼルカレッジ重点課題内容」を活用下さい。


※今までの問題につきましては、会員サイトにて閲覧願います。

◆◆◆  問題については、選択、もしくは、○×問題です  ◆◆◆
〔選択問題〕については、最も関連する事項を1つ選びなさい

※※※ 問題番号:s00-s-08 <2017.10.23> ※※※

◆問1◆いじめ防止対策推進法 第14条第1項
(    )は、いじめの防止等に関係する機関及び団体の連携を図るため、条例の定めるところにより、学校、教育委員会、児童相談所、法務局又は地方法務局、都道府県警察その他の関係者により構成される★「いじめ問題対策連絡協議会」を(     )。

(1)地方公共団体 ・置くことができる
(2)地方公共団体 ・置かなければならない
(3)都道府県   ・置くことができる
(4)都道府県   ・置かなければならない

◆問2◆いじめ防止対策推進法 第14条第2項
(    )は、前項の「いじめ問題対策連絡協議会」を置いた場合には、当該いじめ問題対策連絡協議会におけるいじめの防止等に関係する機関及び団体の連携が当該都道府県の区域内の市町村が設置する学校におけるいじめの防止等に活用されるよう、当該「いじめ問題対策連絡協議会」と当該市町村の(    )との連携を図るために必要な措置を講ずるものとする。

(1)地方公共団体 ・教育委員会
(2)都道府県   ・教育委員会
(3)市町村    ・学校
(4)教育委員会  ・学校

◆問3◆いじめ防止対策推進法 第14条第3項
前2項の規定を踏まえ、( A )と「いじめ問題対策連絡協議会」との円滑な連携の下に、「地方いじめ防止基本方針」に基づく地域におけるいじめの防止等のための対策を実効的に行うようにするため必要があるときは、( A )に附属機関として必要な組織を置くことができるものとする。

(1)地方公共団体
(2)都道府県  
(3)市町村   
(4)教育委員会 

解答はここをクリック←ここをクリック(会員様のみ閲覧可能です)

エンゼルカレッジ会員以外の皆様は、
いじめ防止対策推進法・参照←ここをクリックして、解答を確認下さい